エラ削りを受けた後のダウンタイム

痛みが引く期間には個人差がある

美容外科のホームページなどでは、エラ削りダウンタイムは1〜2週間程度と記載してあるところもありますが、私の場合、1週間では落ち着いたとは言えない状態でした。
そして術後2週間が経過した頃ですが、時間と共に腫れが落ち着いてきたものの、やはりまだ完全には引いていませんでした。
ただ、顔の輪郭の線が、前よりも目立つようになっていました。
1か月経つ頃には、腫れは随分と引いてきました。
メイクをしてマスクを付けなくても外出をするようになっていたことを覚えています。
1か月あればかなり輪郭が落ち着くと聞いていましたが、確かにその通りだなと思いました。
ただ、100%完全に落ち着いたかと言われれば、まだ多少の腫れが残っているように思えました。
1か月目に美容外科の検診を受けたときも、これから更に腫れが引いて輪郭が馴染んでくるとの話を聞きました。
そして更に1か月が経ち、術後2か月目になると、さすがに腫れは完全に引いて綺麗な輪郭が出来上がりました。
もちろんマスクを付ける必要もなく、堂々と人に会えるような状態です。
鏡で横顔を見てみても、すっとエラのない輪郭が出来上がっていて、感覚的にも腫れが残っているような感じはしませんでした。

私が受けた整形手術の体験談 | 痛みが引く期間には個人差がある | それでも手術を受けて良かった