エラ削りを受けた後のダウンタイム

それでも手術を受けて良かった

以上のことから振り返ってみると、私の場合は術後約2か月近いダウンタイムがあったように感じます。
人によって感じ方や術後の経過は様々なので差があるのかもしれませんが、ネットなどでよく見る平均的なダウンタイムよりは長い時間が必要でした。
ただ、ある程度腫れが引いて落ち着くのには、最低でも1か月は必要だなと思います。
2週間経つと、手術直後よりは晴れが落ち着いて見えますが、それでも自分にしてみればまだまだ腫れが残っているように感じていました。
全身麻酔を使用して行う大きな手術であるのは間違いないので、このくらいのダウンタイムがあるのは仕方がないのかもしれないです。
ですが、しばらくの間の我慢で得られた輪郭は満足のいくもので、これまでのコンプレックスが無くなったのは非常に嬉しかったです。
自分の気持ちが前向きに明るくなれました。
私はこれまで、輪郭が嫌でエラ部分を髪で隠していましたが、今では気にせず輪郭を出すような髪型をしています。
とは言えかなり削ったわけでもないので、久しぶりに友人に会った時も痩せたと言われるくらいで、まさか整形したと思われるようなこともありませんでした。
手術を受けて良かったと思います。

私が受けた整形手術の体験談 | 痛みが引く期間には個人差がある | それでも手術を受けて良かった